読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX経験0で投資超初心者の主夫が少額でFX始めてみたで~

このブログはFXトレード超初心者のオッサンによる個人見解です。ブログ記事内容を利用した際のトラブルや損害には一切責任をとりません。

スポンサーリンク

初心者が1日で40pips取れるようになったコツ

f:id:fxshuhu:20170427111147j:plain

 

こんにちはFX主夫です。

前回記事にしたトレンドラインをガンガン引きながら、毎日FXに挑んでいます。

 

そんな中、これまでの自分の成績を大きく上回る40pipsを獲得できた日がありました。

 

まだまだ、マイナスが出る日もありますがすこしずつプラスの日も増えてきました。

 

この成功事例を自分の為にも書き留めておき、皆さんにも共有したいと思います。

 

>ブログランキング参加中<

 

【目次】

 

 

やはりトレンドラインは大事だった

トレンドラインを引くようになって一番大きいのは

『トレンドを予測できるようになった』

ではなく

『トレンドをよく観察してポジションを持つようになった』

ことです。

 

前回記事でご紹介した通り、トレンドラインを引けばチャートラインが見えるようになり、パターンから考えてポジションを持つことによって、利益の出す確立は高くなります。

 

www.shougaku-fx.com

 

 

ただ、全てが教科書通りに行くはずがありません。

それで利益が出せるなら世の中FX長者だらけでしょうw

 

トレンドラインを引いたうえでポジションを持った後、損失を出してしまった場合、そのことに落胆しているヒマはありません。

 

なぜ?予測と反した動きになったのかを分析して次のポジションに備えなくてはいけません。

 

もう一度ラインを引きなおして、縮小してみると

自分ではトレンドの発生だと判断したものが

トレンドを逆転させるダブルトップやダブルボトム、ショルダーを形成していたんだとわかります。

 

ここで、トレンドの反転が起こった原因が確認できるのであれば、逆にポジションを持てば利益をとることが可能だとわかります。

 

f:id:fxshuhu:20170427113631j:plain

 

ポジポジ病

私は主夫なので、まる1日モニターに張り付き、FXトレードをしていますが

少しながらでも『必ず利益』の出せる時間帯と

『必ず損失』が大きくなる時間帯

があることに気付きました。

 

私の場合は朝8時ごろからお昼12時ぐらいまでに少し利益が出て、

午後から損失がはじまり

夜には大きくマイナスになっている

 

こんな毎日でした。

 

毎日のこのパターンがなんとなくわかり始めても

なかなかマイナスのスパイラルを止められなかったのが

『ポジポジ病』です。

 

例えば午前中に10pipis程度のちょっとした利益が出ると、

「今日は調子がいいから、午後からもがんばろう」

なんて考えるのです。

 

しかし、午後から利益が出せない理由は

値動きが非常に小さいレンジ相場です。

ラインを引いてもなんのパターンも現れません。

 

パターンが見えないと、

「なんとなく上がりそう・・・」

と買いポジションをとって、値動きが小さいからと放っておくとジワジワ下がって行って、損切り・・・

 

「じゃあ、逆トレンドか?」

 

とまた「取り返そう」と売りポジションを持っていると、

夕方のユーロ市場で逆転、大幅な値動きで大きく損失・・・

 

「朝は利益出してたのに!」

「せめてプラスマイナスゼロにしよう」

 

これが『ポジポジ病』です!

 ポジポジ病を制する強い精神力が必要です。 

 

 

FXトレードは好きな時間にトレードできるという嘘

私もブログを書き始めたころ、書いてしまっているかもしれませんが「FXトレードはインターネットで世界中の銀行と取引しているので24時間トレードが可能」これは間違いではありません。

 

でも、『好きな時間』とか

『お昼休みなどのスキマ時間』

トレードしていると絶対に利益が出ません。

 

そんな短い時間ではチャートパターンが出ませんし、出ていたとしてもOCO注文であとは祈るだけというギャンブルで終わります。

 

損きりの値を大きくしているとOCOの意味もありませんし、

値動きに変化が出た時にすばやく対処できません。

 

また、多くの方がトレードしている

ニューヨークタイム(21時~深夜)は

よっぽど分析力や判断力があれば利益が出るのでしょうけど、私は全然利益を出すことができません。

ニューヨークタイムは20pips利益が出たと思った10分後にはマイナス30pipsなんてザラです。

 

少額資金の場合、ロスカットに対応できないのでデイトレードになります。

しかし、デイトレードをする場合は、

まずは自分がいつも利益の出せる得意な時間帯を見つけることが重要です。

しかも、いつもその時間に取引ができる。

 

こういう条件がそろって利益を出し続けることができるのではないか?

と感じる今日この頃です。

 

40pips取れた日は

時間帯ルールをキッチリ守り、

「50pipsまで取れたらいいな」と思うポジポジ病を抑え、

しかも、わかりやすいチャートパターンが出た日でした。

 

 

どんな人がFXデイトレードできるか?

少額デイトレードは毎日モニターに貼り付いている時間が必要です。

得意な時間を見つけるには数か月必要でしょう。

(私のセンスが悪いだけかもしれませんが・・・)

 

なので、少額デイトレードができるのは私のような『主夫』『主婦』

それから、私と得意時間が同じだという場合は『午後から出勤の経営者や会社員』の方、あとは『フリーター』『学生』さん

 

こういった方々じゃないと無理とは言いませんが難しいのかもしれません。

 

少額と言っても、私と違って5万円あればDMMで取引できますから、DMMデモトレードでしっかりシミュレーションしてみるのが良いと思います。

そこで思うように利益が出せない様なら、トレード時間に問題がある可能性もあることを覚えておいて下さい。

 

それでは今日はこの辺で。

 

ご注意!:このブログはFXトレード超初心者のオッサンによる個人見解です。

ブログ記事内容を利用した際のトラブルや損害には一切責任をとりません。